紀伊國屋書店:「第16回MOE絵本屋さん大賞2023」

終了しました

「第16回MOE絵本屋さん大賞2023」

日時
場所
    紀伊國屋書店
  • 対象69店舗

「第16回MOE絵本屋さん大賞2023」は、白泉社の雑誌『月刊MOE』が全国の絵本屋さん、書店の絵本担当者の投票で、最も支持された絵本30冊を決定する年間新作絵本ランキングです。1位〜30位のランキングや受賞作家のインタビューは、発売中のMOE2月号でご覧ください♪

●MOE絵本屋さん大賞

ヤギのおばあさんの頼みで、パンを届けにでかけたパンどろぼう。 なかなかたどりつかずうなだれる横を、一台の車がとおりすぎますが―――。 ほかほかのパンとほかほかの思いをのせて、「ほっかほっカー」が走りだす!

身も蓋もない言葉の中にだけ、 希望を見出せるときもある。 ヨシタケシンスケが描く 「人は何のために生きてるの?」の話。

くまのクーさんがてにいれた、ふしぎなフライパンの「フライパンダ」。なかにはちいさなパンダの「おさじ」がはいっていて…。おさじがとどける、ふしぎでたのしいパンダどうぐのおはなし。

おすしが、アイスが、ソーセージが、おかいものにやってきた!ミニチュア写真家・見立て作家の田中達也の最新絵本。

読んでいる間も、本を閉じた後も、豊かな気持ちになる、真夜中の物語。眠れなくて不安な夜。ひとりで夜空をながめていたら、眠れないおともだちがどんどんあつまってきて…。『ホワイト・レイブンズ』選定。韓国の新進絵本作家の最新作!対象年齢:3歳から。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◎◎ 子どもから大人まで響く、珠玉の絵本 ◎◎ ●注目の作家・舘野鴻と、細密画家の新生・なかの真実が紡ぐ、 心あたたまるファンタジー。 ●環境が違っても、互いに歩み寄ることができる。 ねことことり、それぞれの視点から見える、幸せの価値とは? ●日々の営み、共生、命の循環を、 美しい細密画でドラマチックに描きます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ねこの しごとは、こぶしの 木のこえだを たばねることです。 あるあさ、ねこが しごとを しようとすると、 まどに ことりが とまりました。 「……おねがいがあります。 そこにある こえだを、すこし わけて もらえないでしょうか?」 いまにも なきだしそうな ことりをみて、ねこは  いちにち いっほんずつ、こえだを あげることにして……。 特別な枝を求めて、猫のもとへやってきた小鳥。 異なる環境のなかで、密接に交わり合うふたり―― 互いに歩み寄る思い、幸せの価値を描く珠玉のファンタジー。

いろんなことをちずにしてみると、わかることがたくさんある。じぶんがいまどこにいるのか、とかなにがいちばんだいじなのか、とかこのあとどうしたいのか、とか。わたしにもあなたにも、あたらしい地図が必要だから。ヨシタケシンスケ流世界と自分のつかまえかた。

受賞率100%の絵本作家(※1位はまだない)たなかひかるの頭が良くならない絵本。すすし、すしすしんすすすしすしん!(訳:これは、無意味をたのしむえほんです!)

しおたにまみこの絵童話待望の第2弾。ほらふきいちじくのだいぼうけん。

ふしぎないきもの、ニンジンジン。にんじんをたべたいウサギたちは、ニンジンジンをつかまえられるのか!?

●新人賞

1匹の子やぎが散歩に出かけると、ちょうちょがついてきました。とっとことっとこ走り出した子やぎは、切り株を見つけると「ぴょん」と飛び越えます。「じょうず」とちょうちょにほめられた子やぎは嬉しそう。ふたたび、とっとことっとこ走り出すと、今度は大きな石。また「ぴょーん」と飛び越えます。するとハリネズミが「すごい」とほめてくれます。ふわふわの毛並みの子やぎや、色とりどりの植物を、刺繍で表現した絵本です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◎◎ 子どもから大人まで響く、珠玉の絵本 ◎◎ ●注目の作家・舘野鴻と、細密画家の新生・なかの真実が紡ぐ、 心あたたまるファンタジー。 ●環境が違っても、互いに歩み寄ることができる。 ねことことり、それぞれの視点から見える、幸せの価値とは? ●日々の営み、共生、命の循環を、 美しい細密画でドラマチックに描きます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ねこの しごとは、こぶしの 木のこえだを たばねることです。 あるあさ、ねこが しごとを しようとすると、 まどに ことりが とまりました。 「……おねがいがあります。 そこにある こえだを、すこし わけて もらえないでしょうか?」 いまにも なきだしそうな ことりをみて、ねこは  いちにち いっほんずつ、こえだを あげることにして……。 特別な枝を求めて、猫のもとへやってきた小鳥。 異なる環境のなかで、密接に交わり合うふたり―― 互いに歩み寄る思い、幸せの価値を描く珠玉のファンタジー。

ぎょうざがいなくなりさがしています。とくちょうはひだが5つあるひとくちサイズのやきぎょうざです。第43回講談社絵本新人賞受賞作!

今日は森のきのこの「ぼうしまつり」。一番になるのは誰のぼうし?第11回MOE創作絵本グランプリ受賞作。

―もしも桃太郎のももを鬼が拾ったら?そこにうまれたのは、まさかの、愛。芸人見取り図リリーの絵本デビュー作。

●ファーストブック賞

1匹の子やぎが散歩に出かけると、ちょうちょがついてきました。とっとことっとこ走り出した子やぎは、切り株を見つけると「ぴょん」と飛び越えます。「じょうず」とちょうちょにほめられた子やぎは嬉しそう。ふたたび、とっとことっとこ走り出すと、今度は大きな石。また「ぴょーん」と飛び越えます。するとハリネズミが「すごい」とほめてくれます。ふわふわの毛並みの子やぎや、色とりどりの植物を、刺繍で表現した絵本です。

まあるいあなのドーナッツをはんぶんこ。いっしょにたべよう、いただきます。そのほかにも、あつあつやきいも、さんかくおにぎり、ふんわりにくまんなどが登場。おいしそうに描かれた食べ物に、思わず「いただきまーす!」と手が伸びてしまいそう。「はんぶんこ」という言葉の楽しさと、食べ物をはんぶんに分けた時のかたちの変化のおもしろさで、赤ちゃんを魅了する絵本です。

犬さんをこちょこちょすると、「わんわんわふん」と大笑い。ぺんぎんさんは「ぱたぱたぱた」、ワニさんは「ゲラゲラ」。あかちゃんのおなかをこちょこちょすると──? くすぐるとみんなが笑いだす楽しい仕掛け絵本。

本のまんなかにあいた穴から指をはみださせて……ぷっくり、ぽっこり! ふしぎな触感に、赤ちゃんがきゃっきゃっとよろこびます。 穴から出しただけなのに、まるでじぶんの指じゃないみたい。さわられると、なんだかうれしい気持ちになります。 さわってたのしい、さわられてうれしい。シンプルだけどあたらしい、新感覚の赤ちゃん絵本です。

大ヒット『パンのずかん』のベビー版が誕生! まるいぱん、しかくいぱん、ながーいぱん。 『パンのずかん』でのカテゴライズはそのままに、パンの形や大きさ、手ざわりをシンプル&ダイレクトに味わえる、かわいいファーストブックができました♪ 色鉛筆の繊細なタッチで丹念に描き出した、本物よりもおしいしそう!?なパンのビジュアル。 「ぱ」「ん」という赤ちゃんが発しやすい音の繰り返しの心地よさ。 まだパンを食べられない幼い読者の目と耳も、存分に楽しませてくれます。 コンパクトサイズ&丈夫なボードブックで、持ち運びにも便利です。 2023年5月刊

注目の記事ランキング2024年7月13日〜 7月19日(過去7日間)

第171回 芥川賞・直木賞の受賞作が決定!(2024/7/17)

渡瀬悠宇先生サイン会開催 ふしぎ遊戯原画展 開催記念 ※抽選受付は締め切りました※

2024年「本屋大賞」受賞作が発表されました!【2024年4月10日(水)】

Official髭男dism新アルバム「Rejoice」7月発売!特典付き早期予約受付中!

【紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA】文学座公演「オセロー」

中川絵美里 写真集『光芒』(ワニブックス)発売記念お渡し会(2024/8/12)

【夏の文庫フェア】新潮文庫・集英社文庫・角川文庫

発売中!紀伊國屋書店 オリジナルグッズ「今日も、本と一緒に。」

【紀伊國屋ホール】紀伊國屋ホール60周年記念公演 熱海連続殺人事件「熱海殺人事件 Standard」「熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン」

ヨシタケシンスケ×紀伊國屋書店 オリジナルグッズ〈本の虫シリーズ〉

6/25発売【紀伊國屋書店限定カラー】ステッドラー シャープペン【ご予約承り中】

今年もやります!あの、関西の出版社合同フェア

【7月のプラスポイントはこちら!】紀伊國屋書店2024年7月ポイントキャンペーン

第70回青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」2024年

【8階フェア】ステージ『エロイカより愛をこめて』Revival+紀伊國屋ホール上演記念フェア

『わたしの幸せな結婚』5巻 通常版&特装版小冊子付き  購入特典 紀伊國屋書店限定ペーパー

【ポイント5倍】朝日新聞出版「&TRAVEL」シリーズ

【紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 】「コブクロ JUKE BOX reading musical "FAMILY"」