紀伊國屋書店:書物復権2021 復刊書目決定!

終了しました

書物復権2021 復刊書目決定!

日時
場所

2021年11社共同復刊25

[ごあいさつ]

 2021 年、第25 回目の11 社共同復刊、今回も多数のリクエストをいただきありがとうございました。2 月28 日までの期間中に、紀伊國屋書店内公式サイト、復刊ドットコムの特設サイトおよびFAX で、受けつけたリクエストは総数約4,200 票、最多書籍には126 の票が寄せられました。いただいたコメントには、それぞれの書目に対しての皆さまからの熱心な要望が伝わっており、各発行出版社はこの結果を元に、復刊書目の選定をいたしました。今回の共同復刊で実現できなかった書目からも、各社独自の方法で復刊を予定している場合もあり、1 点でも多くの品切れ書の復刊の実現にむけて努力してまいりますので、今後の各社の復刊情報にご注目くださるようお願いいたします。
 今回、各発行出版社の判断により復刊を決定した書目は43 点43 冊。書籍は5 月下旬より全国約200 の協力書店店頭にて展示されますので、足をお運び頂けましたら幸いです。
※2021年のブックフェアは終了いたしました。
 今年も充実した復刊ラインナップができました。来年以降も、読者の皆様のご期待に添えるように活動を継続させて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

書物復権2021 復刊書目

哲学・思想・言語・宗教
社会
歴史・民俗
心理・教育
文学・芸術
法律・経済・政治
自然科学・医学

<書物復権2021> リーフレット(PDF)はこちら

※内容についてのお問い合わせは発行出版社までお願いします。

 

書物復権によせて

伊達聖伸

(だて・きよのぶ)1975 年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は宗教学、フランス語圏地域研究。『ライシテ、道徳、宗教学』(勁草書房)、『ライシテから読む現代フランス』(岩波新書)など多数。

 

 コロナ禍で変化を余儀なくされた研究生活が続き、出張ができない代わりに本を買いまくっている。家のスペースを気にしつつ、『中江兆民全集』に『ゾラ・セレクション』、ジャン・ジョレス『仏蘭西革命史』から『フェルナン・デュモン著作集』(仏語)まで、これを機に入手した。いずれもリーズナブルな価格の古本で、ネットで注文して研究費で購入できるというのは便利で恵まれたことではある。

 昔はそうではなかった。気になる本は必ず買っておけと言われても、そのための費用がなかった。留学奨学金の額面設定はよくできていて、家賃と食費はカバーできても、書籍購入までは回らない。図書館で読めというのである。史料をデジカメに収めることも、論文のダウンロードも一般化していなかった。一時帰国の際に仕入れた煎茶を淹れたら、残った茶葉に胡麻と鰹節を散らし、醤油を垂らして一皿にしていた時代の私である。複写できる本のコピー代すら惜しく、フランス語で書く力もつくからと、気になる本の一節は、ファンの音が気になるノートパソコンへの打ち込みではなく、ルーズリーフに手書きで写した。19 世紀の文献はもちろん、宗教学の事典やライシテの論集、齧り読みの本からの抜き書きは長い修行時代の物的証拠となっている。

 そうした時代の思い出の本を買って自分の本棚に並べることができるようになると、今度は研究に没頭できる時間が少なくなっていく。購入資金はあっても、品切れや絶版で手に入らないこともある。日本の専門書が市場から消えるスピードは、フランスよりも早いようだ。良書の復刊は実にありがたい。松宮秀治『芸術崇拝の思想』(白水社)は、近代芸術の宗教性を時代に埋め込み直して考えるよき伴侶だ。ダナ・ハラウェイ『猿と女とサイボーグ』(青土社)は、宗教と世俗の歴史のなかで人間概念の変貌を考察するのに有力な補助線となる。西洋キリスト教由来の「宗教」概念だけでは日本や東アジアは見えないと思って取り寄せた本のひとつが、溝口雄三『方法としての中国』(東京大学出版会)。私の手元に届いたのは、いずれも書物復権で甦った版のものだ。

 自分史の文脈でも、出版市場の文脈でも、回帰する書物がある。そのネットワークのなかで、昔はよくわからなかった物事の理解が進み、次第に自分の立ち位置やそこから眺める世界の景色が見えてくることがある。たんに「探す」(chercher)のと「研究する」(rechercher)ことの違いは、後者の粘着的な反復性にある。「宗教」(religion)の語源は、「再び結びつける」を意味するラテン語≪ religare ≫ と「再読する、整理する」を意味する≪ relegere ≫ にあると言われる。一度交わった本と私の関係を結び直し(昔買えなかった本を買い)、その本を折りに触れて読み返すこと。私が従事する世俗の時代の宗教学も、この意味では宗教の基本に沿った営みであり、書物復権との相性もよいようだ。

 

読者からのメッセージ

■リストを見ていたら読みたくなる本がいっぱいありました。このリストを保存して参考にさせていただきます。書物復権の活動、応援しています。(64 歳・翻訳者)

■その分野において外せない基本書、名著の復刊を希望します。

■ここ最近、心理学、哲学や美に関する書籍をよく読んでおり、復刊が叶えば嬉しいと感じる書籍にチェックを入れさせていただきました。コロナ禍で今後の生き方について考えることも増え、先人の知識を効率良く吸収できる本は、益々価値が上がっていくことと思います。少しでも多くの本が復刊されることを願っております。(31 歳・会社員)

■気が付けばいつの間にか読めなくなっている入手の難しい書物は多くあります。ぜひ復刊を続けてください。(68 歳・会社員)

■学生時代、図書館で読んだ本をもう一度手に取りたくてリクエストしました。ぜひ、よろしくお願いします!

■いまある社会に疑問を持っているので、それを考えるための手がかりになるような本を探しています。今回リクエストしたものの多くはそういう動機に基づいています。(29 歳・書店員)

■新型コロナウイルスによって、経済活動が停滞し、文化活動が制約を受ける中、書物復権が今年も実施されるのは、ありがたいことです。(56 歳・公務員)

■年々、専門書が発行されてから手に入りにくくなるまでの期間が短くなっているように感じます。比較的高額ということもあり購入を先送りにしがちですが、あっという間に入手困難になってしまうのも残念です。今回のリストもほんの5 年前の刊行のものもあり驚きました。(43 歳・会社員)

■どうしても人文・思想的なものに関心が寄りがちな本企画ですが、歴史関係もコンスタントに復刊していただければ嬉しく存じます。(37 歳)

■若い頃は「本を読む」事に興味を持たず疎かにしてきました。だがこの年になり「本を読む」ことの大切さに改めて気づきました。しかし、時、既に遅く、その時代に読んでいれば良かったと思う書は絶版等になっていました。「無念!読むことが叶わず」と諦めていました。しかしこの「書物復権」という取り組みが、その諦めていた私の思いに、一筋の光を射してくれました。本当に有難いことであります。(55 歳・会社員)

■関心があるものの書店になく、古書価も高く購入できないものをリクエストしました。(26 歳・会社員)

■毎年楽しみな「書物復権」。ただ昨年は緊急事態宣言もあってか書店での展開が少なく残念でした。今年こそは書店で内容を確認し、レジへ持って行くのが普通にできるようになってほしいと思います。(53 歳・大学職員)

■ご参加の出版社さん以外の絶版本も実質的には手に入らないものが多いので、より多くの出版社さんを巻き込んだ企画になることを望んでおります。(23 歳・会社員)

■復刊事業の対象となる専門書については厳しい状況が続いていると思いますが、さすがに気軽に買える価格ではないので、自分の関心領域の本が復刊されたときに購入してきました。ただ、関心事項も5 年スパンくらいで変わってくるので、買いそびれているうちにまた品切れとなる、残念な思いも何度かしております。今回が25 回目ということですが、本事業の継続を切に願っております。(60 歳・団体職員)

 

書物復権 参加出版社

■ 岩波書店
〒101-8002
千代田区一ツ橋2-5-5
TEL 03-5210-4113
■ 紀伊國屋書店
〒153-8504
目黒区下目黒3-7-10
TEL 03-6910-0519
■ 勁草書房
〒112-0005
文京区水道2-1-1
TEL 03-3814-6861
■ 青土社
〒101-0064
千代田区神田猿楽町2-1-1
浅田ビル1F
TEL 03-3294-7829
■ 創元社
〒101-0051
千代田区神田神保町1-2
田辺ビル
TEL 03-6811-0662
■ 東京大学出版会
〒153-0041
目黒区駒場4-5-29
TEL 03-6407-1069
■ 白水社
〒101-0052
千代田区神田小川町3-24
TEL 03-3291-7811
■ 法政大学出版局
〒102-0073
千代田区九段北3-2-3
TEL 03-5214-5540
■ みすず書房
〒113-0033
文京区本郷2-20-7
TEL 03-3814-0131
■ 未來社
〒156-0055
世田谷区船橋1-18-9
TEL 03-6432-6281
■ 吉川弘文館
〒113-0033
文京区本郷7-2-8
TEL 03-3813-9151

哲学・思想・言語・宗教

機械化され、大量生産と消費に覆いつくされた現代社会では、人間の感情は枯渇していく。社会の病理を分析し、人間が主体性を取り戻すための行動提起の書。

「私たちを聖者に近づけるものは(略)私たち自身の最深部に睡っている涙の目覚めである」─祖国を離れパリに移った年に書かれた、若きシオランの感情の激発。

言語行為論の創始者として知られるオースティンの論文集。言語行為に関わるもののほか、意味、他我、真理などをめぐる論稿を収める。

究極のエゴイストでも聖人でもない人たちの、ありうる結びつきとは? 彼らに力を与え、「生きる術」となる連帯について考える。

中世から近代にいたる悪魔学の主要な文献をくまなく渉猟し、西欧の恥部ともいわれる魔女裁判の全景を浮き彫りにする。空前絶後の悪魔学事典。

日本語の起源を弥生時代とする従来の説を排し、その濫觴を縄文時代に求め、日本語学における難問をここに解き明かす。

宗教における「聖なるもの」の本質とは何か?付録にオットーの比較宗教研究論文「仏教におけるヌミノーゼなもの」も収録。豊富な訳注・索引付き。

旧約テクストの解釈を通して、超越の顕現する時処を問う。神が、いつ、どこに現われるかの象徴分析から、代贖思想の成立にいたる旧約思想を解明。

美学と政治学を架橋させながら様々な事象を考察する哲学者の思想を〈音楽=言語〜反・歴史、反・文化〉という切り口から語る挑発的論考。

ドゥルーズ=ガタリの思想的源流。精神分析界の異端児ガタリの思想遍歴の書、先鋭かつ独創的な思考の結晶。各論考の意義を明確に位置づけたドゥルーズの序文を付す。

《記号としての物》という、物の見方についての根本的な転換を行ない、記号として物を消費している現代社会の構造を鋭く分析。

人間および人間社会がたどってきた歴史の次第に悪化するプロセスを、セルバンテス、スタンダールをはじめ、ロマネスク文学作品の社会学的・心理学的分析を通して解明。

大衆文化や哲学思想・社会科学などにおいて歴史的にさまざまな形で展開され擁護されてきた事実/価値二分法の根底的思考に論争を挑むパトナム哲学の批判的考察。

共産主義への「入党なき共鳴と自由検討」の中に「暴力とは何か」という今日なおアクチュエルな問いを投げかける。サルトルほかの書評3篇を収録。新装で復刊。

『告白』の著者に対峙して、他者の有意性という問題、社会のきずなの存在論的根拠を論じた、アーレント政治哲学の出発点。著者23歳のデビュー作。新装で復刊。

社会

「子育て」はだれが担うのか? 近代の家族規範のもとで、女・男・子どもはいかに生きてきたのか。現在につながる問題の起源に迫る。

歴史・民俗

戦後「福祉国家」とは全く異なる、総力戦体制=「福祉国家」の姿を、厚生省設立などの「戦時社会政策」の検証を通して浮かび上がらせる。

20世紀の歴史学が生み出したまさに古典。比較史の方法を駆使し、封建社会の全体史を息づく人間の心性とともに再現する。新しい歴史学の胎動。

アイルランド、ウェールズ、コンウォール等に伝わる主要な物語十九編の様々なバージョンを、幼時から親しんできた作者が集大成した決定版。

未開社会の狩猟・採集に関する豊富なデータを駆使して「始原のあふれる社会」を実証的に描き、生産とは何かを見なおしつつ生存のための経済活動の一般理論を構築。

異端審問記録ほか埋もれた史料からイタリア地方農民のミクロコスモスを復元。民衆文化の深層にスリリングに迫る現代歴史学の名著。解説・上村忠男 新装で復刊。

欧化主義の風潮に対抗した政教社と日本新聞社。その中心で活躍した青年たちの思想と行動を読み解き、近代のナショナリズム像を描く。

律令制は女性を官僚機構から〈排除〉する一方、重要政務を課し行政運営のなかに〈包摂〉した。女官の実態と政治的役割に迫る。

心理・教育

3人の発達派ユンギアンによる本格的辞典。ユングの基本用語のみならず、フロイト派の精神分析用語もとり入れた広範な内容。

MIT人工知能研究室でロゴプロジェクトを率いる著者が、ロゴの教育理念とコンピュータによる子供の創造性開発の可能性を語る。

文学・芸術

20世紀末の社会的大変動の本質をとらえたポスト・モダニズムの古典。ハーバーマス、ボードリヤール、ロザリンド・クラウスらの論考を収録。

美術史における無意識のイデオロギーを相対化し、主体、トラウマ、メディウムと皮膚、見る・触れる、メタファー/メトミニーなどの観点から再考。

グーテンベルク以来の出版革命期を迎えた現代に、言葉を正し、整えるという校正の仕事はどうあるべきか。待望の増補改訂版。

絢爛たる技巧の奥にひそむ作曲家の内面を透視し、ラヴェルの創作美学の本質に迫る。同時代を生きた碩学の比類なき作曲家論。

サガン「スエーデンの城」、カモレッティ「ボーイング=ボーイング」、トマ「罠」、ルッサン「終わりなき愛」の傑作戯曲4作品を収録。

語りえないものを語ろうとする主人公ワットの精神の破綻を、複雑な語りの構造を用いて示した現代文学の奇作。

ウルフの多様な側面が浮かびあがる、エッセイ14篇+短編2篇。インフルエンザに罹ったときの心理、『源氏物語』の書評、父の思い出、伝記論、書評論… 新装で復刊。

『古事記』のテキストを根源的に読み直し、従来の文献学的解釈を徹底的に批判するなかから『古事記』読解の方法を画期的に方向転換させた決定版。

旧東独に留まりながらヨーロッパの歴史を拠りどころに強靱な批判精神を発揮した劇作家H・ミュラーの注目のテクスト集。「タイタス解剖」他も収録。

現世と極楽浄土を結ぶ空間=平等院鳳凰堂。建築・仏像・絵画・庭園などを捉え直し、平安仏教の世界観と人々の祈りの姿を読み解く。

法律・経済・政治

自由、権利、公正、道徳など錯綜する諸価値をどのように秩序づけるか。ロールズらが提起した問いを射程に、より根源的なアプローチを試みる。

明治維新期から戦後改革にいたる森林行政の史的展開を、公共政策と行政官庁との間に働く相互作用という視点から考察した先駆的研究。

法人処罰をめぐる議論を国際比較を踏まえて多角的に検討し、刑法理論上での位置づけを明らかにするとともにその具体的要件を構築する。

「中華民国台湾化」の視角から、自らのアイデンティティと政治主体の変化に着目して台湾政治の構造変動を描いた通史の決定版。

自然科学・医学

確率論、天文学、測地学などの分野で先導的役割を果たしてきたガウス誤差論を初集成。ガウスは自然現象からいかに豊かな数学的法則を導きえたのか。

近現代建築の巨匠・様式・技法・実践を、広汎かつ周到に掘り下げ、建築におけるモダニズムの思考と展開に迫る、建築史の重要基本書。

くじ引き、量子力学、不完全性定理、金融オプションなど一件関係ないテーマ間を縦横に移り、透徹した視線で諸現象の本質を鮮やかにえぐり出す。

周縁に生きる馬たちに魅せられ世界を彷徨う女性研究者が描く馬と人間をめぐる動物記。馬たちの息づかいとフィールドの情景を鮮やかに描写する。

注目の記事ランキング2024年7月15日〜 7月21日(過去7日間)

第171回 芥川賞・直木賞の受賞作が決定!(2024/7/17)

渡瀬悠宇先生サイン会開催 ふしぎ遊戯原画展 開催記念 ※抽選受付は締め切りました※

2024年「本屋大賞」受賞作が発表されました!【2024年4月10日(水)】

Official髭男dism新アルバム「Rejoice」7月発売!特典付き早期予約受付中!

【紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA】文学座公演「オセロー」

中川絵美里 写真集『光芒』(ワニブックス)発売記念お渡し会(2024/8/12)

【夏の文庫フェア】新潮文庫・集英社文庫・角川文庫

発売中!紀伊國屋書店 オリジナルグッズ「今日も、本と一緒に。」

【紀伊國屋ホール】紀伊國屋ホール60周年記念公演 熱海連続殺人事件「熱海殺人事件 Standard」「熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン」

ヨシタケシンスケ×紀伊國屋書店 オリジナルグッズ〈本の虫シリーズ〉

6/25発売【紀伊國屋書店限定カラー】ステッドラー シャープペン【ご予約承り中】

今年もやります!あの、関西の出版社合同フェア

【7月のプラスポイントはこちら!】紀伊國屋書店2024年7月ポイントキャンペーン

第70回青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」2024年

【8階フェア】ステージ『エロイカより愛をこめて』Revival+紀伊國屋ホール上演記念フェア

『わたしの幸せな結婚』5巻 通常版&特装版小冊子付き  購入特典 紀伊國屋書店限定ペーパー

【ポイント5倍】朝日新聞出版「&TRAVEL」シリーズ

【紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 】「コブクロ JUKE BOX reading musical "FAMILY"」