紀伊國屋書店:三好愛さん『怪談未満』刊行記念 イラスト 入りレシート 発行しております

ただ今、開催中

三好愛さん『怪談未満』刊行記念 イラスト 入りレシート 発行しております

日時
場所
    紀伊國屋書店
  • 68店舗で開催
この情報をSNSでシェア

このイベントについて

紀伊國屋書店の国内全店では、期間中に下記、いずれかの対象商品を店頭にてお買い上げのお客様に著者三好愛さんのイラスト入りレシートを発行いたします。

対象期間:2022年7月25日(月)~8月31日(水)
※予告なく変更・終了する場合もございます。

◆対象書籍:三好 愛【著】
『怪談未満』
価格 ¥1,650(本体¥1,500)
柏書房(2022/07/25発売)

『ざらざらをさわる』
価格 ¥1,760(本体¥1,600)
晶文社(2020/06発売)

※地域により発売日が異なります。最速地域で、店頭に到着する日付となっております。
発売前のご予約、入荷状況等は、ご希望の実施店舗にお問い合わせください。※

●ウェブストア・店頭在庫配送サービス・クイックサービスご利用でのご購入、電子書籍はレシート発行対象外です。

■かいだんみまん【怪談未満】 怪談とまではいかないけれど、今もわからないままのこと、 ずっと腑に落ちずにいること、少しゾッとしたときのこと。 ■あらすじ 冷蔵庫と収納棚との隙間にいる〈なにか〉、 メールの文面から生まれたもう一人のKさん、 国内線のスープと結びつく祖母の死の記憶、 そして、私の中に初めて〈人間〉が宿った日―― 〈日常の不気味〉と〈産むことの不思議〉をテーマに、 なんとも腑に落ちない話ばかりを集めた27篇のイラスト・エッセイ。 数多くの装画やグッズデザインなどを手掛けるイラストレーターであり、 エッセイストとしても評価される三好愛の日常的非日常な世界へご招待。 “自分の中に自分以外のなにかがあり、自分の意志とは関係なく変化していく過程は、とても不思議なもので、その不思議さに、妊娠中はずっと振り回されながらも、魅了されていました。出してしまえば、それはただただかわいい人間だったわけですが、なにが入っているのか直接見たりさわったりできない出産までの約九カ月間は、内部から自分の体が乗っ取られ、じわじわと自由を奪われていくような、奇妙な夢を見ているみたいな、忘れがたい時間でした。”(「なにかいる」より)

くだりのエスカレーターが苦手、卒業直前に会えなくなった同級生、あの子がお味噌汁とご飯に降格しますように、子供のころ好きだった食べ物「物体A」、空き巣に人間性を見出す、ドライヤーが動くのをただ見ている…。平坦に見える毎日から少しずつ退出していく、“半”日常イラスト&エッセイ集。