紀伊國屋書店:【mozoワンダーシティ店】「汐見夏衛映画化記念フェア」汐見夏衛さんメッセージプリント入りレシート発行

終了しました

【mozoワンダーシティ店】「汐見夏衛映画化記念フェア」汐見夏衛さんメッセージプリント入りレシート発行

  • 特別レシート
日時
場所

紀伊國屋書店 mozoワンダーシティ店では、『あの花が咲く丘で君とまた出会えたら』の12月8日映画公開を記念して「汐見夏衛映画化記念フェア」を開催いたします。
また、期間中に下記対象商品を店頭にてお買い上げのお客様に

汐見夏衛さんのメッセージプリント入りレシートを発行いたします。

対象期間:2023年10月27日(金)~12月15日(金)
※予告なく変更・終了する場合もございます。

◆対象書籍:
『青に沈む君にこの光を(仮)』(2023/11/28発売)
『ないものねだりの君に光の花束を』(2023/11/24発売)
『背中合わせの僕らは(仮)』(2023/11/06発売)
『さよならごはんを今夜も君と 文庫し49-2』
『だから私は、明日のきみを描く 野いちごジュニア文庫し1-4』
『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく~AnotherStories~ 文庫Sし1-9』
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』
『さよなら嘘つき人魚姫 1』
『たとえ祈りが届かなくても君に伝えたいことがあるんだ』
『君の傷痕が知りたい 文庫SA-6』
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 下 電撃コミックスNEXT』
『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく 上 野いちごジュニア文庫し1-2』
『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく 下 野いちごジュニア文庫し1-3』
『わたしを変えた夏 文庫SA-4』
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 上 電撃コミックスNEXT』
『君はきっとまだ知らない 文庫Sし1-8』
『卒業 桜舞う春に、また君と 文庫SA-3』
『臆病な僕らは今日も震えながら 実業之日本社文庫し8-1』
『雨上がり、君が映す空はきっと美しい』
『真夜中の底で君を待つ 文庫し49-1』
『明日の世界が君に優しくありますように 文庫Sし1-7』
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 野いちごジュニア文庫し1-1』
『まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい 文庫Sし1-6』
『さよなら嘘つき人魚姫』
『あの星が降る丘で、君とまた出会いたい。 文庫Sし1-5』
『だから私は、明日のきみを描く 文庫Sし1-4』
『ないものねだりの君に光の花束を』
『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく 文庫Sし1-3』
『君はきっとまだ知らない』
『明日の世界が君に優しくありますように』
『僕の永遠を全部あげる』
『まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい』
『海に願いを風に祈りをそして君に誓いを 文庫Sし1-2』
『だから私は、明日のきみを描く』
『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 文庫Sし1-1』


※地域により発売日が異なります。最速地域で、店頭に到着する日付となっております。
発売前のご予約、入荷状況等は、ご希望の実施店舗にお問い合わせください。※

●ウェブストア・店頭在庫配送サービス ご利用でのご購入、電子書籍はレシート発行対象外です。

すべてにおいて普通で個性がなく、自分は(永遠の脇役)であると思っている高校生・影子。 同じクラスには、世間を賑わすアイドルで、学校でも人気者の男子・真昼がいる。 そこにいるだけで目立つ彼は、まさに〈永遠の主人公〉。 別世界の住人のような彼とは、同じクラスなのにほとんど話したことがなかった。 だが、一緒に図書委員をすることになったのがきっかけで、真昼の陰の部分を知ることになる――。 読み終えたあと、きっと世界が輝いて見える、希望の物語。 文庫版限定! アフターストーリー<掌編 尊い愛>を収録。

学生はワンコインで食べられる夜食専門店。痩せて可愛くなりたい若葉、何を食べてもおいしくない学年トップの小春、オーガニック料理だけで育った凌真......。悲しみや寂しさを少しずつ消化できるように、店主の朝日さんは愛情を込めた一皿をつくる。孤独な心に力が満ちて、止まっていた時間が動き出す。世界一優しいお夜食で再生していく感動作。

「―なんてきれいに空を跳ぶんだろう」陸上部の彼方にひとめぼれした中1の遠子。でも彼は、親友・遥の好きな人で…。内気で自分を出すのが苦手な遠子にとって、遥は誰よりも大切な友達。太陽みたいにまぶしい彼方への想いは、封印しようと決心する。なのに、彼方と席が隣になり仲良くなったのをきっかけに、遥との友情にひびが入ってしまう。我慢するほどあふれる彼方への想いはとまらなくて…。友情と恋にゆれうごく気持ちに涙する、感動物語!

『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』の登場人物たちが繋ぐ、青春群像劇。茜のいちばん仲良しな友達・橘沙耶香、青磁の美術部の後輩・望月遠子、不登校に悩む茜の兄・丹羽周也、茜の異父妹・丹羽玲奈…それぞれが葛藤する姿やそれぞれから見た青磁、茜のふたりの姿が垣間見える物語。優等生を演じていた茜×はっきり気持ちを言う青磁の数年後の世界では、変わらず互いを想う姿に再び涙があふれる―。「一緒にいても思っていることは言葉にして伝えなきゃ。ずっと一緒に―」感動の連作短編小説。

高校2年生のなずなのクラスメイト鈴白くんが突然命を絶った。彼の悩みに気づいていたらと後悔が膨れ上がり、鈴白くんと一緒に作った砂時計に「時間を巻き戻したい」と願って眠ると、なずなは1ヶ月前に戻っていた。しかし彼はまた死を選んでしまい―。ループする中で、なずなは鈴白くんを救えるのか?学校では教えてくれない大切なことの全てがここにある!

誰もが心に傷痕を抱えてる―6人の作家が葛藤を描く青春短編集。病室で鏡を見ると知らない少女になっていた宮(『まるごと抱きしめて』夏目はるの)、クラスの美少女・姫花「世界を壊してよ」と頼まれる生徒会長・栄介(『世界を壊す爆薬』天野つばめ)、マスクを取るのが怖くなってきた結仁(『私たちは素顔で恋ができない』春登あき)、生きづらさに悩む片耳難聴者の音織(『声を描く君へ』春田陽菜)、今までにない感情に葛藤する恵美(『夢への翼』けんご)、親からの過剰な期待に息苦しさを感じる泉水(『君の傷痕が知りたい』汐見夏衛)。本当の自分を隠していた毎日から成長する姿を描く感動短編集。

戦時中の日本にタイムスリップした中学2年の加納百合は、ある日、大規模な空襲に遭遇し、火の海のなか瓦礫の下敷きとなってしまう。だが、そこに駆けつけた佐久間彰に、またしても命を救われたのだった。 翌日、焼け野原となった街でも生き抜こうとする人々に、かすかな希望の光を見出す百合だったが、特攻隊員の彰に数日後の出撃命令が下され──。

小学生のころ友達とうまくいかなくなってから、本当の気持ちを言えず優等生を演じていた中2の茜。安心できるのは、マスクで顔を隠しているときだけ。ある日、隣の席の青磁に「嫌いだ」と言われてしまい、ショックをうける。最初は自分勝手な青磁にいらだっていたけど、本当に苦しいとき隣にいてくれたのは彼だった。「言いたいことがあったら言っていいんだ、俺が聞くから」茜は大嫌いだったはずの青磁に心をゆるすようになって…。小学中級から。

本当の気持ちを隠すために、マスクを手ばなせなくなっていた中2の茜。そんな茜の本心を見すかすように、隣の席の青磁は普通に話かけてくる。そして、ふたりで夜明けの空を見に行ったり、放課後一緒にすごしたりするうちに…茜は彼を好きになっている自分に気づく。自分の気持ちを告白することを決めたけれど、ある日突然、青磁が学校に来なくなってしまい…。青磁の抱える優しすぎる秘密に、感動の涙がとまらない!小学中級から。

5人の作家が「夏」をテーマに葛藤、成長する姿を紡いだ短編集。普通すぎる自分がいやで死にたいわたし(『だれか教えて、生きる意味を』汐見夏衛)、部活の人間関係に悩み大好きな吹奏楽を辞めた絃葉(『ラジオネーム、いつかの私へ』六畳のえる)、友達がいると妹に嘘をつき家を飛び出した僕(『あの夏、君が僕を呼んでくれたから』栗世凛)、両親を亡くし、大雨が苦手な葵(『雨と向日葵』麻沢奏)、あることが原因で人間関係を回避してきた理人(『線香花火を見るたび、君のことを思い出す』春田モカ)。さまざまな登場人物が自分の殻をやぶり、一歩踏み出していく姿に心救われる一冊。

学校や大人たちに苛立ちを募らせる中学2年の少女・加納百合は、ある日突然、戦時中の日本にタイムスリップしてしまう。そんな絶望のなか出会った青年・佐久間彰の誠実さと優しさに救われた百合は、急速に彰に惹かれていく。だが彼は間もなく戦地で命を散らすことが決まっている“特攻隊員”だった――。 現代の孤独な少女と特攻隊員が出会った奇跡。 TikTokで話題となった大号泣のタイムリープ小説が、待望のコミカライズ!

夏休みも終わり新学期を迎えた高1の光夏。6月の“あの日”以来ずっとクラス中に無視され、息を殺しながら学校生活を送っていた。誰からも存在を認められない日々に耐えていたある日、幼馴染の千秋と再会する。失望されたくないと最初は辛い思いを隠そうとするが、彼の優しさに触れるうち、堰を切ったように葛藤を打ち明ける光夏。思い切って前に進もうと決心するが、光夏は衝撃のある真実に気づき…。全ての真実を知ったとき、彼女に優しい光が降り注ぐ―。予想外のラストに号泣必至の感動作。

卒業式を前になぜか大切な友達と一緒に過ごせなくなった女子高生(『桜の花びらを君に』丸井とまと)、兄の急死で自分の居場所を見つけられず反抗する男子中学生(『初恋の答えは、約束の海で』水葉直人)、亡くなった彼との叶わぬ再会の約束を守ろうと待ち合わせ場所を訪れる女性(『花あかり―願い桜が結ぶ過去』河野美姫)、自分宛てではないラブレターに正体を偽って返事を書く女子高生…(『うそつきラブレター』汐見夏衛)。桜舞う春、別れと出会いの季節に、さまざまな登場人物が葛藤し成長していく姿に心救われる一冊。

またこの夢か―。疎外感の中、生きる希望を失った女子高生・緒方きららは、不可解な「虹色の世界」の夢を幼い頃から繰り返し見ていた。自殺を思い訪れた地で彼女は偶然、その「虹色の世界」を描く青年・芳川景と出会う。彼もまた同じ夢を見続けていた。やがて、夢の謎を追うふたりに、想像を絶する過酷な真実が待ち受けて…。生きる意味、命の尊さにボロ泣き必至!

普通とちがうって、なんて大変なことなんだろう。友達がいて成績もそこそこな美雨は、昔から外見を母親や周囲にけなされ、目立たないように“普通”を演じていた。ある日、映研の部長・映人先輩にひとめぼれした美雨。見ているだけの恋のはずが、先輩から部活に誘われて世界が一変する。外見は抜群にいいけれど、自分の信念を貫きとおす一風変わった先輩とかかわるうちに、“新しい世界”があることに気づいていく。「君の雨がやむのを、ずっと待ってる―」勇気がもらえる感動の物語!

家族や友達といるより、喫茶店のアルバイトが好きな17歳の更紗。アイスコーヒーだけで閉店まで粘る常連客の「黒縁さん」。おしゃべりが苦手な二人が、店以外で偶然出会ったのは夜の公園だった。お互いの連絡先も知らないまま始まった特別な時間は、胸に秘めた過去の痛みを解きほぐしていく。愛に飢えた彼女と愛を諦めた彼が織り成す成長の物語。

あることがきっかけで家族も友達も信じられず、高校進学を機に祖父母の家に引っ越してきた真波。けれど、祖父母や同級生・漣の優しさにも苛立ち、なにもかもうまくいかない。そんなある日、父親と言い争いになり、自暴自棄になる真波に漣は裏表なくまっすぐ向き合ってくれ…。真波は今まで秘めていたすべての思いを彼に打ち明ける。真波が少しずつ前に踏み出し始めた矢先、あることがきっかけで漣が別人のようにふさぎ込んでしまい…。真波は漣のために奔走するけれど、実は彼は過去にある後悔を抱えていた―。番外編『君に誓いを』収録。

親との関係や学校、すべてがうまくいかない毎日を送る中2の百合。母親とケンカをして家を飛び出し、目をさますとそこは70年前、戦時中の日本だった。偶然通りかかったイケメン・彰に助けられ、彼と過ごす日々の中、百合は彰の誠実さと優しさに惹かれていく。しかし、彼は特攻隊員で、ほどなく命を懸けて戦地に飛び立つ運命だった―。のちに百合は、時を超えて彰の本当の想いを知る…。涙なくしては読めない大ヒット感動物語!小学上級から。

一見悩みもなく、毎日を楽しんでいるように見える遙。けれど実は、恋も、友情も、親との関係も、なにもかもうまくいかない。息苦しくもがいていたとき、不思議な男の子・天音に出会う。なぜか声が出ない天音と、放課後たわいない話をすることがいつしか遙の救いになっていた。遙は天音を思ってある行動を起こすけれど、彼を深く傷つけてしまい…。嫌われてもかまわない、君に笑っていてほしい。ふたりが見つけた光に勇気がもらえる!文庫オリジナルストーリーも収録!

どうでもいい嘘ばかりついて、へらへら笑う『かまってちゃん』の綾瀬水月。誰とも喋らず親切も拒絶して、透明人間扱いされている“変人”、羽澄想。ふたりは、誰にも知られていない悩みがあった。居場所がなくて毎日が息苦しくて―“死”に憧れていた。そんなふたりは、あるきっかけで一緒に過ごすようになる。互いに聞かれたくないことには触れず、そっと寄り添うように、おだやかに過ごす日々、しかし現実は残酷で…。「ふたりなら、きっと、怖くない」潤んだ瞳が海を見ている。「せえの…」息を合わせて、手を繋いだまま、ふたり同時に地面を蹴った。

中2の涼は転校先の学校で、どこか大人びた同級生・百合と出会う。初めて会うのになぜか懐かしく、ずっと前から知っていたような不思議な感覚。まっすぐで凛とした百合に涼はどんどん惹かれていく。しかし告白を決意した矢先、百合から聞かされたのは、75年前の戦時中にまつわる驚くべき話で―百合の悲しすぎる過去の恋物語だった。好きな人に、忘れられない過去の恋があったら、それでも思いを貫けますか?愛することの意味を教えてくれる感動作。

―なんてきれいに空を跳ぶんだろう。高1の遠子は、陸上部の彼方を見た瞬間、恋に落ちてしまう。けれど彼は、親友・遥の片思いの相手だった…。人付き合いが苦手な遠子にとって、遥は誰よりも大事な友達。誰にも告げぬままひっそりと彼への恋心を封印する。しかし偶然、彼方と席が隣になり仲良くなったのをきっかけに、遥との友情にヒビが入ってしまう。我慢するほど溢れていく彼方への想いは止まらなくて…。ヒット作『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』第二弾、待望の文庫化!

すべてにおいて普通で、自分は“永遠の脇役”だと思っている高校生・影子。同じクラスには、世間を賑わすアイドルで、学校でも人気者の真昼がいる。そこにいるだけで目立つ彼は、まさに“永遠の主人公”。影子とは別世界すぎて親しく話したこともなかったが、一緒に図書委員をすることになったのがきっかけで、真昼の陰の部分を知ることになる―。読み終えた後、きっと世界が輝いて見える、希望の物語。

高2の茜は、誰からも信頼される優等生。しかし、隣の席の青磁にだけは「嫌いだ」と言われてしまう。茜とは正反対に、自分の気持ちをはっきり言う青磁のことが苦手だったが、茜を救ってくれたのは、そんな彼だった。「言いたいことあるなら言っていいんだ。俺が聞いててやる」実は茜には、優等生を演じる理由があった。そして彼もまた、ある秘密を抱えていて…。青磁の秘密と、タイトルの意味を知るとき、温かな涙があふれる―。文庫オリジナルストーリーも収録!

君は、苦しみの中に差し込む眩しい光だ―。光夏は、ある出来事からクラス中で無視されていた。辛さに耐え、息を殺して過ごしていたある日、幼馳染みの千秋、春乃、冬哉と久しぶりに再会する。いじめの事実を隠す光夏だが、思い切って打ち明け、前を向けるようになる。しかし、ある違和感に気づいたとき、事態は急変する…。「光夏は、まだ自分を知らないんだね」全ての真実を知ったとき、奇跡の光が降り注ぐ―。

ある出来事から家族も友達も信じられなくなった真波は、高校進学を機にひとり、祖父母の家に引っ越してきた。優しすぎる祖父母にも、正義感が強く説教ばかりの同級生・漣にも苛立ち、息苦しさを感じていた。そんなある日、夜の海岸で不思議な青年・ユウと出会ったことで少しずつ変わる真波の心。そしてそこには、いつも漣がいてくれた―。しかしある時、海で子どもが溺れる事件が起きる。ユウが救助し事なきを得たが、別人のように取り乱す漣。実は漣には、残酷すぎる過去があって…。

家族からもクラスメイトからもぞんざいに扱われ、生きる意味を見失っている少女・千花。絶望に打ちひしがれていたある雨の日、不思議な少年・留生が現れ傘を差し出してくれた。「―やっと見つけた」という言葉とともに…。人との関わりを極度に恐れる千花に寄り添い、彼女の閉ざされた心をその優しさで少しずつ溶かしていく留生。しかし二人の出会いは、気が遠くなるような年月を経た、悲劇的な宿命を背負っていた―。今最も注目される作家・汐見夏衛が永遠の愛を描いた、号泣必至の青春小説!

たとえ君がどんなに自分を憎んでいても。それでも君は、わたしの光だから。一見悩みもなく、毎日を楽しんでいるように見える遙。けど実は、恋も、友情も、親との関係も、なにもかもうまくいかない。息苦しくもがいていたとき、不思議な男の子・天音に出会う。なぜか声がでない天音と、放課後たわいない話をすることがいつしか遙の救いになっていた。遙は天音を思ってある行動をおこすけれど、彼を深く傷つけてしまい…。嫌われてもかまわない、君に笑っていてほしい。ふたりが見つけた光に、勇気がもらえる!みずみずしい青春を描いた感動の最新作!『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』特別番外編つき!

優等生でしっかり者だけど天の邪鬼な凪沙と、おバカだけど素直で凪沙のことが大好きな優海は、幼馴染で恋人同士。お互いを理解し合い、強い絆で結ばれているふたりだけれど、ある日を境に、凪沙は優海への態度を一変させる。甘えを許さず、厳しく優海を鍛える日々。そこには悲しすぎる秘密が隠されていた―。互いを想う心に、あたたかい愛に、そして予想もしなかった結末に、あふれる涙が止まらない!!

大人しくて自分を出すのが苦手な遠子。クラスで孤立しそうになったところを遙に助けてもらい、なんとか学校生活を送っている。そんな中、遙の片想いの相手・彼方を好きになってしまった。まるで太陽みたいな存在の彼方への想いは、封印しようとするほどつのっていく。しかしそれがきっかけで、遙との友情にひびが入ってしまい…。おさえきれない想いに涙があふれる。『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』の著者が贈る、繊細で色鮮やかな青春を描いた感動作!

ある事情から優等生を演じている茜。そんな茜を見抜くように、隣の席の青磁から「嫌いだ」とはっきり言われショックをうける。自由奔放な彼を嫌っていた茜だけど、孤独と窮屈さでどうしようもなくなっていた自分を救ってくれたのは、青磁だった。青磁の隣で過ごす時間は、茜の気持ちをゆっくりと溶かしていき…。野いちご大賞大賞受賞作!

親や学校、すべてにイライラした毎日を送る中2の百合。母親とケンカをして家を飛び出し、目をさますとそこは70年前、戦時中の日本だった。偶然通りかかった彰に助けられ、彼と過ごす日々の中、百合は彰の誠実さと優しさに惹かれていく。しかし、彼は特攻隊員で、ほどなく命を懸けて戦地に飛び立つ運命だった―。のちに百合は、期せずして彰の本当の想いを知る…。涙なくしては読めない、怒涛のラストは圧巻!

このイベントの出演者

汐見 夏衛シオミ ナツエ

鹿児島県出身。2016年『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』でデビュー。2017年野いちご大賞を受賞した『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』が大ヒット。両作品とも映画化。

注目の記事ランキング2024年2月15日〜 2月21日(過去7日間)

【紀伊國屋書店 限定カバー】【通常版※紀伊國屋書店限定ポストカード付き】マガジンハウス『乃木坂46 5期生写真集 あの頃、乃木坂にいた』

【紀伊國屋書店限定特典:トレーディングカード】【ポスター掲出協力店特典】小学館『川村壱馬 1st写真集 Etoile』

2024年「本屋大賞」ノミネート作が発表されました!

【抽選】 有村架純写真集『sou.』(マガジンハウス)発売記念サイン本お渡し会(2024/3/10)

キノベス!2023 紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする2022年のベスト30(第20回:2021年12月〜2022年11月)

【抽選受付】『飯島直子 今のための今まで』 出版記念サイン会(ミニトーク付き)

第170回芥川賞・直木賞の候補作をご紹介いたします。

2023年「本屋大賞」受賞作が発表されました!【2023年4月12日(水)】

【紀伊國屋書店限定特典】ヨシモトブックス『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK PLUS』

【フェア開催】キノベス!2024 紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする2023年のベスト30

【新宿本店】マガジンハウス『乃木坂46 5期生写真集 あの頃、乃木坂にいた』発売記念パネル展開催!【抽選で10名様に直筆サイン入りパネルプレゼント!】

【ご予約受付中】ヨシタケシンスケ×紀伊國屋書店 本の虫シリーズ【5月中旬発売予定】

ハイヒールモモコさん『ヤン暦』(主婦の友社)発売記念サイン&ツーショット写メ会(2024/2/23)

NGT48 本間日陽2nd写真集 『陽射し色』 ★重版記念★ お渡し会ふたたび開催‼ 2024年3月30日(土) 12:00~

書物復権2024 10社共同復刊28 リクエストで名著がよみがえる! リクエスト締め切りは2024 年2 月29 日! お待ちしております。

紀伊國屋書店 オリジナルグッズ新商品発売中!ブックカバーに新サイズが登場!

【紀伊國屋書店限定特典ポストカード】ヨシモトブックス『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK』

【紀伊國屋ホール】オフィス3○○主催「さるすべり」

『異世界の主役は我々だ!』13巻/『ヘルドクターくられの続科学はすべてを解決する!!』1巻 購入特典 紀伊國屋書店限定モノクロイラストカード

三人称 鉄塔(賽助)さん『手持ちのカードで、(なんとか)生きてます。』(河出書房新社)大ヒット記念!お渡し会(2024/2/25)