紀伊國屋書店:書物復権2022 ブックフェア開催!

終了しました

書物復権2022 ブックフェア開催!

日時
この情報をSNSでシェア

このイベントについて

たくさんの復刊リクエストありがとうございました。紀伊國屋書店では全国の15店舗で復刊書目を集めたブックフェアを開催いたします。※フェア開催期間は店舗により異なります。ウェブストアでもご注文・お取り寄せいただけますのでぜひご利用ください。
紀伊國屋書店 15店舗の在庫検索・ウェブストアへのリンクはこちら
書物復権2022_開催書店リスト(PDF)


書物復権 2022

2022 年、第 26 回目の 11 社共同復刊、今回も多数のリクエストをいただきありがとうございました。2 月 28 日までの期間中に、紀伊國屋書店内公式サイト、復刊ドットコムの特設サイトおよび FAX で、受けつけたリクエストは総数約 8,098 票、最多書籍には 163 の票が寄せられました。いただいたコメントには、それぞれの書目に対しての皆さまからの熱心な要望が伝わっており、各発行出版社はこの結果を元に、復刊書目の選定をいたしました。今回の共同復刊で実現できなかった書目からも、各社独自の方法で復刊を予定している場合もあり、1 点でも多くの品切れ書の復刊の実現にむけて努力してまいりますので、今後の各社の復刊情報にご注目くださるようお願いいたします。

今回、各発行出版社の判断により復刊を決定した書目は 47 点 47 冊。書籍は 5 月下旬より全国約 200 の協力書店店頭にて展示されますので、足をお運び頂けましたら幸いです。

今年も充実した復刊ラインナップができました。来年以降も、読者の皆様のご期待に添えるように活動を継続させて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

新規性と普遍性の狭間で

詫摩佳代

(たくま・かよ)1981 年生まれ。2010 年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。関西外国語大学外国語学部専任講師などを経て、現在、東京都立大学法学部教授。主な著書に『人類と病』(中公新書、サントリー学芸賞受賞)、訳書にホッテズ『次なるパンデミックを防ぐ』(白水社)がある。

 

 学問研究とは先行研究を土台に、新たな発見や解釈を積み重ねていくものであり、独創性や新規性が重要な位置付けを占める。実際、研究者の仕事においては、次々と発表される新しい論文や書籍と付き合う時間が自ずと長くなる。デジタル化の普及に伴い、文献との付き合い方も変わった。筆者も iPad で PDF 化された論文を読み、電子書籍も活用している。
大量の書籍やファイルを持ち歩かなくてもよく、また大量のファイルの中から必要なものを見つけ出し、検索機能を利用して、簡単に特定の箇所を読み返すことができる。便利な世の中である。

 それでも、書き込みが入った古い本をたびたび手にする。大学院生の頃には、ひたすら大学出版会や岩波の全集などの分厚い専門書を何冊も持ち歩き、赤線や付箋を貼って勉強したものだ。それらの本の中には、今となっては電子書籍化されているものもあるが、あえて購入していない。共に歳を重ねていくパートナーのような存在で、その本自体に愛着があるからだ。

 個人的な愛着を超えて、古い本の魅力とは、古いように見えて実際には、新しい本よりも示唆に富んでいたり、繰り返す歴史の中で、問題の根本をあらためて教えてくれたり、同じ苦難に対して、経験を共有してくれるからではなかろうか。我々の社会は、とりわけテクノロジーの面では確実に進化を遂げてきた。他方、ウイルスをいかに克服し、また共存するのか、世界政府が存在しない国際社会において、いかに秩序を維持するのかといったテーマは、時代を経ても居座り続けている。

 ロシアのウクライナ侵攻に際しては、昨今の国際情勢分析に関する文献に加え、トゥキュディデスからクラウゼヴィッツ、岡義武や高坂正堯など、およそ新しいとは言えない書物を読み返した。入江昭による『20 世紀の戦争と平和』には、「個々の戦争は国家が始めるものだが、戦争そのものは民衆が作るものである」という、イギリスの政治学者の言葉が紹介されている。
ロシアの力づくの行動に対しては、ウクライナの人々が「祖国を守る」という強い思いのもと、善戦し、またロシア国内でも弾圧を恐れず、反戦の声を上げる人々がいる。まさに民衆が戦争を作っている。

 マルクス・アウレリウスの『自省録』も筆者と共に歳を重ねてきた本の一つだが、戦争と疫病、飢饉という数々の苦難の中で執筆されたものだ。極限の状況の中でも自己と対話し、人間としてのあるべき姿を探り続ける様子は、2000 年の時を経て、21 世紀の我々と重なるものがある。

 書物とは、時代を超えて我々人類を連帯させる数少ない手段である。繰り返す歴史の中で、先人たちの知恵や経験が参照されるのであれば、同じ危機でも、より良く対応することができるかもしれない。困難な時代だからこそ、書物の役割が大きいと感じる今日この頃である。

 

読者からのメッセージ

■〈書物復権〉で復刊される本は歴史に残る名著ばかりでありがたいです。こうやって定期的に復刊していただけると嬉しいです。(41 歳・大学教員)
■アイヌ民族の文化が危機に瀕しているいま、過去の侵略・占有の歴史を克明に記録した『辺境から眺める』(みすず書房)は、残され読み継がれるべき書物と思ったから。
■最近は、電子版のみの書籍も多いのですが、書物=紙の本の世代としては、貴重な書籍を復刊していただけるありがたい企画と思っております。(52 歳・会社員)
■もう一度読みたい本がたくさんあります。(48 歳)
■手元にあってほしい本が絶版になっており高くて手に入らないことがよくあるので、とても良い企画だなと思います。(学生)
■少部数でも多くのひとの手に渡るよう応援しております。(52 歳)
■このような企画は大変意義があることと感じています。電子書籍はたしかに便利ですが、この企画に参加されている出版社のような学術的な本は、併読することが多く、その点では(紙の)本に軍配が上がります。これからも続けていただけると嬉しいです。(36 歳)
■若い頃はお金がなく、図書館で借りて専門書を読んでいました。成人してから改めて「自分のお金で買おう」と決心していましたが、絶版となってしまった本が多々あります。こうした企画は、他の出版社さんにも広がって欲しいと思います。
■通常時でもリクエストできるともっと良いなと思います。(59 歳)
■可能ならもっといろんな出版社を巻き込んでほしい。(23 歳・大学院生)
■この 11 社のものに限らず、復刊してほしい作品が沢山あります。時の流れは早く、国内外含めほんの数年前のものだとしても手にするのが困難になってきているものがあります。優柔不断で買い逃しをしてしまう私にとって、そして未来に生まれその書物を手にすることを切望する方々にとって、非常にありがたい試みです。(21 歳・学生)
■『妊娠中絶の生命倫理』(勁草書房)は倫理学における中絶論争を理解するために絶対に必要な基本論文集で、学生時に生命倫理のゼミで読み込みました。是非復刊してほしいです。(25 歳)
■この数年、1960 ~ 70 年代の良書が候補に上がっていないのは残念。恒常的なリクエスト復刊を!(64 歳)

※内容についてのお問い合わせは発行出版社までお願いします。

 

書物復権2022

哲学・思想・言語・宗教

自由・非政治的なもの・保守主義の考察を軸に、ヨーロッパ固有の政治思想史を新たに語りなおし、その限界を明らかにする画期的労作。

自由に、生き生きと、そして平易に─フロム自らが直接読者に語りかけたラジオでの講演と対談を収録。フロム思想の全体がここにある。

中絶は殺人なのか、それとも許されるべき行為なのか? 妊娠中絶をめぐる英語圏での哲学的議論から、代表的な論文を翻訳・紹介する。

フランス現代思想全般を初めて批判的に論じ、その精神的背景としてのキリスト教=グローバリゼーションの脱構築を試みたデリダ晩年の哲学的主著。

言語と政治をめぐる古今の思考に分け入り、かき消されてきた声の響きを聞くことで、哲学の可能性をひらく。中国哲学を脱構築する企て。

古今東西の議論を検討することで、他者という概念を再定義し、共同性の脱構築を試みる。中国哲学と西洋哲学から紡ぎだす思考の挑戦。

ついに明らかになったメルロ=ポンティの全貌。現象学・言語学・心理学・芸術…それらとの〈接触〉から生まれ出る〈驚き〉の哲学。

ダイレクトにテクストを引用し、読解し、解説する。この3段階のプロセスで読者は思想の妙味へといざなわれる。思想とは「堪能すること」である。

全ての社会秩序は根源的な暴力に基づくとして新しい人類学の基礎を構築した著者が、聖書を人類学のテクストとして読み直し、供犠と犠牲と暴力のメカニズムを解明。

現代文明に無惨にも蚕食された個人生活の隠微な局面、あるいは個人との関わりにおいて捉えられた人生百般や文化の諸領域に深く立入り省察される著者の哲学の真髄。

ハイデガーやアーレントの発する〈誰が〉の問いに答えるべく〈自己の解釈学〉を構築するリクールの〈倫理への回帰〉を示す思索。独自の主体の哲学の再建を目指す。

現象学的哲学の基本諸概念をはじめて解き明かし、30年代以降のフランスにおける現象学運動の方向を決定づけ、現代思想に多大な刺激と影響をあたえた歴史的な書。

法権力の外の生を求めた聖フランチェスコら托鉢修道士に、現代の大量消費社会を超える可能性を読む。〈ホモ・サケル〉シリーズの一冊、第4巻の1。新装で復刊。

ソシュールの学統を継ぎ、文化人類学、社会学、歴史学、精神分析への広がりを視野に収める言語学。構造と分析、統辞機能などのテーマ、21論文。新装で復刊。

日本とロシアは、アイヌなどの先住民族をいかに国家に組み込んできたのか。辺境という視座から、国民国家のたどった歴史と先住民族の経験を追う。新装で復刊。

時間性をめぐるヘーゲルとハイデガーの生産的対話をつむぎだしながら、あえていま主体性を再考する。瑞々しい思考のプラスティック爆弾!

ヘーゲル哲学の主要な用語を94項目選び、七つの主題別に配置し、平明な解説を加えた「読む事典」。年譜文献解説等を収録したヘーゲル哲学案内。

社会

「子ども」でも「少年」でもない「少女」は近代に生み出された。近代日本における「少女」という表象の成立とその受容過程を解明する。

第三世界の女性たちの声に耳を澄まし続けている著者が、文学や映画など、想像力をもつさまざまな試みのなかに、新たな世界への扉をさぐりあてる。

歴史・民俗

なぜ人類はかくも繁栄したのか。進化の足跡から、軍事技術の変遷、宇宙開発まで、飛び道具が形づくった歴史を壮大なスケールで描く画期的な人類史。

鉄道旅行を産業革命の市民的体験としてとらえた19世紀の交通文化史・旅の思想史。欧米の草創期の鉄道が同時代人に与えた影響を時間・空間概念を中心に検討する。

ソ連は1940年、捕虜将校2万2千人を銃殺、同調した連合国も隠蔽に加担した。その原因と経緯が明かされる。スターリン体制を象徴する事件の真相。新装で復刊。

近現代沖縄文学研究者であり戦後沖縄を代表する思想家、岡本恵徳。半世紀にわたる思考の軌跡をたどる単行本未収録批評集。没後一年を機に刊行。

古代の庭園遺構から寺院・将軍・大名らの庭園、計画的に造営された近代庭園まで、日本庭園の魅力に迫り、その歴史と文化を解明する。

唐令の影響を受けた古代の喪葬令。新史料「天聖令」による唐令復原の検討、奈良時代の天皇の葬送など多様な要素を論じ、特質を解明。

秀吉の関白任官により、幕府体制とは異なる政治体制を必要とした豊臣政権。その実態を、公武間の交流や大名統制策の特徴から考察。

武家優位の公武分立体制が確定した画期である承久の乱。新史料を発掘し、京方・鎌倉方の武士と後鳥羽院との関係や歴史像を検討する。

日本の歴史学は時代の現実にどう向きあってきたか!歴史学を志す若者たち、歴史学・歴史教育に携わる人びとへのメッセージ。

心理・教育

ユングはなぜ、ヨーガを研究したのか? 限られたメンバーのためだけに行なわれた濃密なセミナーへの扉が、今、開かれる。

ユングが行った深層心理学的錬金術研究の一つ。自身の臨床事例から特徴的な多くの描画を紹介しつつ解説を加え、樹木のもつ象徴的な意味を考察。

マインドフルネスとメンタライゼーションの概念を手がかりに、当事者自らがトラウマを理解し、対処法を学ぶためのガイドブック。

人の生の本質をつかむ「臨床哲学」を提言。いのち論・時間論を噛み砕いた公開講義をもとに、思索のエッセンスを抽出するガイダンス。

文学・芸術

読書過程におけるテクストと読者の相互関係とはいかなるものか? 詳細かつ理論的な解明・吟味によって、文学研究の新たなパラダイムを提示する。

現代フランスの代表的な映画理論家たちによる本格的映画理論概説書の完訳。映画および映像メディアを深く理解するために必携の入門書。

脱産業社会/情報社会における「装置」と「人間」が作り出す新しい自由とは何か。ベンヤミン、マクルーハンを超えるメディア=文明論の地平。

悪ふざけ、ホラ、作り話、でっち上げ、贋作、かたり、偽造品などなど何でもござれのペテンの玉手箱。社会学や犯罪心理学などの参考図書に最適。

日本語でも他の言葉でも、外から眺めてみると欠けている単語がたくさんあって、どうしてこんな穴あきチーズを使ってものを書くことができるのだろう。越境者のことば。

死後公刊された多くの書簡から、詩人が省察し、胸中を打ち明けた言葉をテーマごとに編集した集成。「生の詩人」の心情と詩想の日々の記録。

ドイツ文学の黄金時代を築いた劇作家による傑作戯曲集! 「群盗」「メアリ・スチュアート」「オルレアンの乙女」「ヴィルヘルム・テル」を収録。

法律・経済・政治

利益集団間の妥協や多数派支配ではなく、人びとが対話や討議のなかで自らの見解や判断を変化させていくこと=熟議に「民主主義の核心」をみる。

徳川政権初の欧州留学生としてオランダに渡った西周と津田真道ら知識人の思想的格闘を描き、近代日本の国家構想を浮き彫りにする。復刊に合わせ大幅増補。

テロ、気候変動、巨大地震… 壊滅的で取り返しのつかない大災害にいかに向き合うべきなのか。予防原則と費用便益分析の狭間で、粘り強く考える。新装で復刊。

自然科学・医学

数学オリンピック最年少金メダリスト記録を持つタオ教授による、誰でも楽しめる理想の数学教室。問題の把握とその戦略、そして美しい攻め方とは。

患者個別の物語に固有の価値を見出し、患者を語り手として尊重する、ナラティブ・アプローチを用いた時に見えてくる緩和ケアの世界。

地殻に歪みエネルギーが蓄積した状態から、どう震源の核が形成され最終的に動的不安定破壊(地震)に至るのかを焦点に、地震の全体像を描き出す。

アジアや南米の大河に暮らすイルカたちはいま、絶滅の危機に立たされている。「生きている化石」といわれるすがたを描き出し、共生の道をさぐる。