紀伊國屋書店:書物復権2024 復刊書目決定!【2024年5月下旬刊行予定】

ただ今、開催中

書物復権2024 復刊書目決定!【2024年5月下旬刊行予定】

日時

2024年10社共同復刊28

[ごあいさつ]
 2024 年、第28 回目の10 社共同復刊、今回も多数のリクエストをいただきありがとうございました。2 月29 日までの期間中に、紀伊國屋書店内公式サイト、復刊ドットコムの特設サイトおよびFAX で、受けつけたリクエストは総数約7,651 票、最多書籍には135 の票が寄せられました。いただいたコメントには、それぞれの書目に対しての皆さまからの熱心な要望が伝わっており、各発行出版社はこの結果を元に、復刊書目の選定をいたしました。今回の共同復刊で実現できなかった書目からも、各社独自の方法で復刊を予定している場合もあり、1 点でも多くの品切れ書の復刊の実現にむけて努力してまいりますので、今後の各社の復刊情報にご注目くださるようお願いいたします。

 今回、各発行出版社の判断により復刊を決定した書目は38 点39 冊。書籍は5 月下旬より全国約200 の協力書店店頭にて展示されますので、足をお運び頂けましたら幸いです。

 今年も充実した復刊ラインナップができました。来年以降も、読者の皆様のご期待に添えるように活動を継続させて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[ご案内]
・刊行はすべて、2024 年5 月下旬を予定しています。
・内容についてのお問い合わせは発行出版社までお願いします。

<書物復権2024> リーフレット(PDF)はこちら

 

「運命の一冊」

野村良太

(のむら・りょうた)大阪府豊中市生まれ。札幌市在住。(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡ・スキーガイドステージⅠ。北海道大学ワンダーフォーゲル部で登山を始める。62 代主将を経験。2022年2 ~ 4 月、積雪期単独北海道分水嶺縦断( 宗谷岬から襟裳岬まで670 キロ) を63 日間で史上初の達成。NHK 総合にて『白銀の大縦走 北海道分水嶺ルート670 キロ』全国放送。『第27 回植村直己冒険賞』受賞。

 パソコンの画面に一冊の本の情報が表示されている。志水哲也著『果てしなき山稜』。ウェブサイトの概要欄によると「著者が若き日に実行した無謀とも思える壮大な山行の記録」とある。概要はさらに続く。「1995 年に白山書房より刊行された名作を文庫化……」。どうやらしばらく絶版になっていた本が、最近になって復刻したのだという。なにか運命的なものを感じ、思わず購入ボタンを押した。

 この本は、1993 年年末に襟裳岬を出発し、宗谷岬まで670 キロメートルの行程を12 分割し、半年間かけて単独で北上した記録をまとめた一冊である。その内容は、厳冬から早春にかけての北海道山岳地帯の過酷さはもとより、自分探しの旅、現実との葛藤に溢れていた。ものすごい旅だ。旅の中で著者は自身の考え方や生き方、ふとしたときに社会の常識に反発してしまう心情描写や随所に見せる人々への猜疑心を包み隠さず丁寧に綴ってゆく。思わず共感してしまうところばかりで、ページをめくる手が止まらなかった。厳しい雪山と温かい町の人々との対比が魅力的だったが、なにより、僕がちょうど生まれる少し前にこのような単独登山が行われていたことが驚きだった。

 「第27 回植村直己冒険賞」を受賞するに至った、北海道の分水嶺を縦断するという僕の計画は、志水氏の著書を読んだことが全ての始まりだった。志水氏の文章に感化されて、僕の目標は未だ誰も成し得ていない、この北海道の脊梁山脈を一つなぎに踏破することだと思うようになった。具体的に計画を立てるとき、壮大な計画を前に怖気づく自分を奮い立たせたいとき、しまいには63 日間に及んだ挑戦中もずっと、この一冊の文庫本が僕のそばにあった。挑戦をやり遂げた後も、僕にとってのバイブルとなっている。

 今になって幸運だったと思うのは、この本がタイミング良く復刻されていた、ということである。あのとき絶版のままだったら、果たして僕は同じようにこの本にたどり着いただろうか。たどり着いたとして、読み終わった後に自分事として捉え、壮大な計画へと踏み出す、そういう一冊になり得ただろうか。

 時代によって、世間に求められる本というのは移りゆくものなのかもしれない。だが、時代を超えて、読者に感銘を与えられる本が少なからずある。

 今は日の目を見る機会を失っている本の中にも、これからの若者の人生を変えてしまうような一冊が眠っているに違いない。

 

読者からのメッセージ

■前から気になっていた本が多く、大変ありがたい企画でした。(20 歳・大学生)

■『パースの哲学について本当のことを知りたい人のために』は日本ではあまり知られていないパースの諸側面を紹介する貴重な本ですのでぜひ復刊していただきたいです。(24 歳)

■どの本が復刊するかな、とワクワクしながら待つのも楽しいです。(37 歳)

■〈書物復権〉にはごく最近の書籍の重版の機会というより、入手困難な古典を復刊する機会であって欲しいと期待しております。

■法制史の勉強をしており、以前から『掠奪の法観念史』の再版を楽しみにしています。専門書は絶版になっているものが多いので、このような機会を設けてくださり非常に感謝しております。

■まとまった読書時間を作ることが難しい日常ですが、隙間時間を使って少しでも多くの書物に触れたいと思っております。年1 回のこの企画を楽しみにしております。(54 歳・会社員)

■買えるかどうかではなく、書店の棚にあってほしい本を選びました。

■近年、刊行からすぐに(昔は10 年前の本なら気軽に買えたような気がします)重版未定になる本が多く、悲しく思います。(大学生)

■毎回素晴らしい試みであると思うのですが、お願いとしては、膨大な知の集積をもたれる各出版社が、なぜ今回これらをリストに選んだか、という「生きている声」を募集時に加えて聞かせていただけたらというものがあります。(52 歳)

■書物復権は読書が好きな自分にとって、リストを見ているだけで楽しいものです。まだまだ読んでいない本が世界にたくさんあるのだとワクワクした気持ちを与えてくれるということ、また手に入る可能性をいただけることに感謝しかありません。これからもこの企画が続きますように願っています。(30 歳)

■出版社が候補として挙げられる理由がもっと知りたいと思います。

■〈書物復権〉リストにあるような読み応えのある本を何冊かでも読むことを目標に、毎年リクエストに一票を投じることを楽しみにしています。(63 歳)

■各分野、各テーマの基本書が絶版になっていると学生に勧めにくく、また研究者の間でも議論の前提が共有されにくい状態が徐々にできてしまっていると感じているため、リクエストさせていただきました。(31 歳・大学非常勤講師)

 

書物復権2024 復刊書目

哲学・思想・言語・宗教社会歴史・民俗心理・教育文学・芸術法律・経済・政治

哲学・思想・言語・宗教

岩波書店
可能性としての歴史 越境する物語り理論
鹿島 徹
初版2006・最終版2006年◆四六判◆310頁◆税込5390円(本体4900円)
物語り理論の問題提起と実証的歴史家の営みとをつなぎ合わせる、領域横断的な思考の躍動する歴史哲学論考。「抑圧された者たちの伝統」のために。

紀伊國屋書店
西夏文字 その解読のプロセス 〈新装版〉
西田龍雄
初版1967・最終版1998年◆四六判◆212頁◆税込3080円(本体2800円)
11世紀に栄えた西夏の国では、漢字をもとにした謎の文字が使用されていた。西夏文字研究の泰斗が、その解読の過程を興味深く解説。

紀伊國屋書店
反抗と自由
エーリッヒ・フロム/佐野哲郎訳
初版1983・最終版2012年◆四六判◆194頁◆税込2970円(本体2700円)
1980年の死の直前まで、フロム自らの手によって集められた論文集。真に人間的な社会の創造を生涯追求したフロムによる最後のメッセージ。

勁草書房
虚構世界の存在論
三浦俊彦
初版1995・最終版2012年◆四六判◆440頁◆税込4400円(本体4000円)
虚構とは何か、というテーマを可能世界論と呼ばれる概念枠組を使って説明。テキストの同一性の基準、虚構世界と確実世界の関係など。

勁草書房
パースの哲学について本当のことを知りたい人のために
コーネリス・ドヴァール/大沢秀介訳
初版2017・最終版2017年◆四六判◆296頁◆税込3630円(本体3300円)
プラグマティズム、記号論等、広大なパース哲学の全体像を明快に解き明かす。没後百年を経過してようやくあらわれた入門書の決定版。

勁草書房
統治の抗争史 フーコー講義1978-79
重田園江
初版2018・最終版2019年◆A5判◆576頁◆税込7040円(本体6400円)
国家理性、都市計画、病と衛生、人口、確率・統計、エコノミー——キーワードと共に「統治」概念の抗争史を描き、講義の核心に迫る。

白水社
パンセ
ブレーズ・パスカル/由木康訳
初版1990・最終版2012年◆四六判◆398頁◆税込3960円(本体3600円)
知的巨人が全霊を傾けた主著『キリスト教辨証論』の草稿。二つの無限の間にある人間の悲惨を、人間の示しうる最高の情熱にあふれた文章につづる。

法政大学出版局
法の力
J.デリダ/堅田研一訳
初版2011・最終版2013年◆四六判◆230頁◆税込3080円(本体2800円)
デリダの政治哲学。法・権利を越えた正義の視点からナチス「最終解決」に極まる法暴力を批判。またハイデガー、ベンヤミンの「破壊」と脱構築との差異を明確に論究。

法政大学出版局
スピノザと表現の問題
ジル・ドゥルーズ/工藤喜作、小柴康子、小谷晴勇訳
初版2014・最終版2014年◆四六判◆460頁◆税込5500円(本体5000円)
スピノザ哲学における〈表現〉の概念の重要性を徹底的に究明、スピノザを静的と捉える従来の解釈を逆転させその力動的性格を全面的に考察した、研究の革新的指標。

みすず書房
ロールズ哲学史講義(上)
ジョン・ロールズ/坂部恵訳
初版2005・最終版2010年◆A5判◆328頁◆税込8140円(本体7400円)
『正義論』によって現代の政治哲学に深甚な影響を与えたロールズ教授の、30年におよぶハーバード大学での道徳哲学をめぐる名講義をまとめた大冊。

みすず書房
ロールズ哲学史講義(下)
ジョン・ロールズ/坂部恵訳
初版2005・最終版2010年◆A5判◆256頁◆税込7040円(本体6400円)

吉川弘文館
伊勢神宮の成立
田村圓澄著
初版2009・最終版2009年◆四六判◆336頁◆税込2970円(本体2700円)
天照大神が皇祖神として伊勢の地に祀られた背景にはある政治的意図があった。伊勢神宮の創立の歴史を解明し、その本質を問い直す。


社会

紀伊國屋書店
文化とコミュニケーション 構造人類学入門
エドマンド・リーチ/青木保・宮坂敬造訳
初版1981・最終版2001年◆四六判◆208頁◆税込3190円(本体2900円)
我々をとりまく世界はどのような論理的仕組みで成り立っているのか。時間・空間、音、色彩、儀礼行為などを題材に、構造分析と記号論の手法と思想を平易に説く。

勁草書房
セクシュアリティの歴史社会学 新装版
赤川学
初版1999・最終版2012年◆A5判◆460頁◆税込6050円(本体5500円)
明治以降近代日本のセクシュアリティはいかに形成されどのように変容したか。膨大な資料を渉猟・分析、言説形成過程を検証した名著、待望の復刊!


歴史・民俗

岩波書店
戦後治安体制の確立
荻野富士夫
初版1999・最終版1999年◆A5判◆402頁◆税込7920円(本体7200円)
破防法、公安調査庁を要とする戦後の治安体制はいかに形成されたのか。戦後初期の膨大な資料を駆使して、謎に包まれた権力の全体像に迫る労作。

東京大学出版会
都市の戦後 増補新装版 雑踏のなかの都市計画と建築
初田香成
初版2011・最終版2011年◆A5判◆458頁◆税込8140円(本体7400円)
終戦から60年代までを軸に多様な主体が交錯する社会的運動として都市計画と建築建設を描き、そこから浮かび上がる戦後「都市」の可能性に迫る。

白水社
新版 馬車が買いたい!
鹿島茂
初版2009・最終版2014年◆A5判◆298頁◆税込4180円(本体3800円)
19世紀の小説に登場するパリの風俗・世相を膨大な資料を駆使して描いた傑作。図版・レイアウトを一新し、新原稿を加えた新版。

白水社
ネイションという神話 ヨーロッパ諸国家の中世的起源
パトリック・J・ギアリ/鈴木道也・小川知幸・長谷川宜之訳
初版2008・最終版2008年◆四六判◆270頁◆税込5940円(本体5400円)
ヨーロッパ近代ナショナリズムの元となる国家の「民族的起源」とは何か? 古代末期から中世末期までさかのぼり、「神話」の実像を明らかにする。

みすず書房
ヒトラーを支持したドイツ国民
ロバート・ジェラテリー/根岸隆夫訳
初版2008・最終版2016年◆A5判◆448頁◆税込7920円(本体7200円)
ドイツの一般大衆は当時、ナチ恐怖支配についてどこまで知っていたのか。実権力掌握から1945年の敗戦までの「同意と強制」の真相を明らかにする。

吉川弘文館
植民地遊廓 日本の軍隊と朝鮮半島
金富子・金栄著
初版2018・最終版2018年◆A5判◆256頁◆税込4180円(本体3800円)
日本式の公娼制は、植民地社会にいかなる影響を与えたか。遊廓が浸透した過程を考察し、娼妓の姿をオーラルヒストリーなどから描く。

吉川弘文館
日本食生活史
渡辺実著
初版2007・最終版2016年◆四六判◆352頁◆税込2970円(本体2700円)
日本人は、何を食べてきたのか。原始の狩猟から現代の給食まで、食材の種類や生産法、調理法・調味料・食器など食生活のすべてを詳説!

吉川弘文館
飢えと食の日本史
菊池勇夫著
初版2019・最終版2019年◆四六判◆192頁◆税込2420円(本体2200円)
飢饉発生の経緯やメカニズムを探り、民衆の生き残りをかけた行動を描き出す。食料を輸入に依存する現代日本に警鐘を鳴らす。

吉川弘文館
苧麻・絹・木綿の社会史
永原慶二著
初版2004・最終版2014年◆四六判◆384頁◆税込3520円(本体3200円)
日本列島に生きた人びとの生活を、前近代の三大衣料原料であった〈三本の糸〉を手繰りながら織り出す。歴史学の巨星、最後の著作。


心理・教育

青土社
新しい世界のための教育 自分をつくる0歳〜6歳
マリア・モンテッソーリ/関聡訳
初版2018・最終版2021年◆四六判◆164頁◆税込1760円(本体1600円)
Google、amazon、Facebookの創設者や藤井聡太が受けていたことで注目を集めるモンテッソーリ教育の入門書にして決定版。

青土社
人間の可能性を伸ばすために 実りの年6歳〜12歳
マリア・モンテッソーリ/田中正浩訳
初版2018・最終版2018年◆四六判◆164頁◆税込1760円(本体1600円)
6歳以上の子どもからの内的要求を教師が理解するための手引書。モンテッソーリ教育のエッセンスがわかりやすく書かれた晩年の著作。

創元社
パーソナリティ障害の診断と治療
ナンシー・マックウィリアムズ著/成田善弘監訳/北村婦美、神谷栄治訳
初版2005・最終版2020年◆A5判◆480頁◆税込6600円(本体6000円)
心理療法作業に大きな影響を与えるパーソナリティの査定や把握はどのように行うべきか。精神分析的な診断概念の基本を提示。

創元社
これだけは知っておきたいPTSDとトラウマの基礎知識
バベット・ロスチャイルド著/久保隆司訳
初版2015・最終版2018年◆A5判◆224頁◆税込2970円(本体2700円)
PTSDとトラウマに関わる当事者・治療者にとって必須の理論と治療実践のノウハウを網羅・凝縮した必携コンパクトガイド。

創元社
セラピストのための行動活性化ガイドブック うつ病を治療する10の中核原則
クリストファー・R・マーテル、ソナ・ディミジアン、ルース・ハーマン−ダン著/坂井誠、大野裕監訳
初版2013・最終版2013年◆A5判◆240頁◆税込5720円(本体5200円)
アセスメントから治療計画、活性化技法の適用法まで、セラピストがうつ病に対して行動活性化を実施するための方法を詳しく解説。

法政大学出版局
〈教育〉の社会学理論 象徴統制、〈教育〉の言説、アイデンティティ
B.バーンスティン/久冨善之、長谷川裕、山﨑鎮親、小玉重夫、小澤浩明訳
初版2011・最終版2011年◆四六判◆418頁◆税込5280円(本体4800円)
〈教育〉(ペダゴジー)というものの存在と営みを社会学的に解き明かし、明らかに行き詰まっている現代教育を分析し展望するための理論用具と着想とを明確に提示。


文学・芸術

白水社
フランス語解釈法
伊吹武彦編
初版2006・最終版2020年◆四六判◆257頁◆税込4400円(本体4000円)
フランス文を読み解く上で必須の構文を基礎編で細目にわたって整理し、応用編でボードレール、プルースト、サルトル等の原文を詳細な注で味わう。

白水社
太陽の肖像 文集
奈良原一高
初版2016・最終版2016年◆A5判◆382頁◆税込5500円(本体5000円)
戦後を代表する写真家による初のエッセイ集。自叙伝をはじめ、写真家として核となる思考の流れをたどる。代表的な写真45点を収録した決定版!

みすず書房
ルドン 私自身に
オディロン・ルドン/池辺一郎訳
初版1983・最終版2018年◆A5判◆248頁◆税込4620円(本体4200円)
夢やファンタズマゴリーを描きつづけるとともに、自然のヴィジョンに決してたじろがなかったルドン。画家の内面が率直に語られる稀有な芸術論。

みすず書房
バレンボイム/サイード音楽と社会
ダニエル・バレンボイム、エドワード・W・サイード/中野真紀子訳
初版2004・最終版2012年◆四六判◆280頁◆税込4840円(本体4400円)
パレスチナとイスラエルの音楽家を招き、ともに学んだワークショップの話など、境界をまたいで移動しつづけた二人が、音楽と文学と社会を語り尽くす。


法律・経済・政治

勁草書房
核兵器の拡散 終わりなき論争
スコット・セーガン、ケネス・ウォルツ/川上高司監訳、斎藤剛訳
初版2017・最終版2017年◆A5判◆272頁◆税込4180円(本体3800円)
核兵器の拡散は「良いこと」なのか? 「悪いこと」なのか? 二大巨頭が理論と事例をめぐって激突。論争の火蓋が切って落とされる!

東京大学出版会
開国経験の思想史 増補新装版 兆民と時代精神
宮村治雄
初版1996・最終版1996年◆A5判◆346頁◆税込7480円(本体6800円)
中江兆民を中心に、福沢諭吉、陸羯南などの思想的営為に含まれる意味を考察し、近代日本思想の原点に迫る。

東京大学出版会
犯罪と刑罰 増補新装版
チェーザレ・ベッカリーア/小谷眞男訳
初版2011・最終版2011年◆四六判◆264頁◆税込3520円(本体3200円)
死刑廃止を初めて明確に提唱した近代刑法革命の金字塔を、ベッカリーア自身が手掛けた決定版にもとづき刊行する。充実した解説・訳注・年譜付。

東京大学出版会
掠奪の法観念史 増補新装版 中・近世ヨーロッパの人・戦争・法
山内進
初版1993・最終版2009年◆A5判◆408頁◆税込7040円(本体6400円)
戦時下の掠奪が合法とされていた中・近世ヨーロッパ世界をその法観念から浮き彫りにし、さらに掠奪を非合法化する近代世界の誕生を描き出す。

法政大学出版局
パスポートの発明 監視・シティズンシップ・国家
ジョン・トーピー/藤川隆男監訳
初版2008・最終版2013年◆四六判◆324頁◆税込3520円(本体3200円)
国家が国民の移動手段を合法的かつ独占的に掌握するのに決定的な役割を果たしたのがパスポートであった。その国際的なシステムの確立過程と現代的な意味を問う。

法政大学出版局
正義の秤 グローバル化する世界で政治空間を再創造すること
ナンシー・フレイザー/向山恭一訳
初版2013・最終版2013年◆四六判◆304頁◆税込3630円(本体3300円)
「何」が正義の本当の課題とみなされ、「誰」が正義の本当の主体とみなされるのか。本書は正義の秤=尺度をめぐる諸難題をえぐり出し、批判理論化のもとで統合する。

書物復権 参加出版社

■ 岩波書店
〒101-8002
東京都千代田区一ツ橋 2-5-5
TEL 03-5210-4113
■ 紀伊國屋書店
〒153-8504
東京都目黒区下目黒 3-7-10
TEL 03-6910-0519
■ 勁草書房
〒112-0005
東京都文京区水道 2-1-1
TEL 03-3814-6861
■ 青土社
〒101-0064
東京都千代田区神田猿楽町2-1-1
浅田ビル1F
TEL 03-3294-7829
■ 創元社
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-2
田辺ビル
TEL 03-6811-0662
■ 東京大学出版会
〒153-0041
東京都目黒区駒場4-5-29
TEL 03-6407-1069
■ 白水社
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-24
TEL 03-3291-7811
■ 法政大学出版局
〒102-0073
東京都千代田区九段北3-2-3
TEL 03-5214-5540
■ みすず書房
〒113-0033
東京都文京区本郷2-20-7
TEL 03-3814-0131
■ 吉川弘文館
〒113-0033
東京都文京区本郷7-2-8
TEL 03-3813-9151

注目の記事ランキング2024年5月14日〜 5月20日(過去7日間)

キノベス!紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30 KINOKUNIYA BEST BOOKS

2024年「本屋大賞」受賞作が発表されました!【2024年4月10日(水)】

【紀伊國屋書店 限定カバー】【通常版※紀伊國屋書店限定ポストカード付き】幻冬舎 阪口珠美1st写真集『青いバラ』

10周年記念 SALE! 5/30木~ 6/2日 Books Kinokuniya Tokyo 洋書セール 20% off

講談社『心に効く美容 』MEGUMIさんメッセージプリント入りレシート発行

※受付終了※【お渡し会】『キャイ~ン ずん 作文集 ほぼ同じで、ぜんぜん違う』発売記念 サイン本お渡し会&撮影会

発売中!紀伊國屋書店 オリジナルグッズ「今日も、本と一緒に。」

【5月23日発売】ヨシタケシンスケ×紀伊國屋書店 オリジナルグッズ〈本の虫シリーズ〉

【紀伊國屋ホール】第708回紀伊國屋寄席

【紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 】こまつ座公演「母と暮せば」

出張!「私の彼氏棚」in 紀伊國屋書店新宿本店【2024年5月】

書物復権2024 復刊書目決定!【2024年5月下旬刊行予定】

新聞の書評コーナーで紹介された本:週末掲載 - 2024年5月10-12日版:読売・朝日・毎日・日経・産経・東京・週刊読書人

【5月19日(日)開催】『ナガノさん』(アリス館)長谷川義史さんサイン会 ご予約受付中!

【紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 】劇団民藝公演「オットーと呼ばれる日本人」

Official髭男dism新アルバム「Rejoice」7月発売!特典付き早期予約受付中!

【紀伊國屋ホール】秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場公演「深い森のほとりで」

【紀伊國屋ホール】2024年5月公演のご案内

【2階 BOOK SALON】「アジアの本の会」30周年記念連続セミナー『アジア理解のカギ』

【5月のプラスポイントはこちら!】紀伊國屋書店2024年5月ポイントキャンペーン