紀伊國屋書店:※募集終了いたしました。 書物復権 2023年10社共同復刊27 リクエストで名著がよみがえる!

終了しました

※募集終了いたしました。 書物復権 2023年10社共同復刊27 リクエストで名著がよみがえる!

日時
場所
  • ※募集終了いたしました。

※復刊書目決定しました!決定!書物復権 2023年


※2023年の募集は2月28日をもちまして終了いたしました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

書物復権によせて

 

岩川ありさ

(いわかわ・ありさ)1980 年兵庫県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了。博士(学術)。現在、早稲田大学文学学術院准教授。専攻は、現代日本文学、クィア・スタディーズ、フェミニズム、トラウマ研究。大江健三郎や多和田葉子らの作品を中心に、傷ついた経験をいかに語るのか、社会や言語、歴史との関わりにおいて研究している。著書に『物語とトラウマ――クィア・フェミニズム批評の可能性』(青土社、2022 年)。
 

 ある人にとって本を読むことは生きのびるための手がかりになる。本のなかに広がる世界には、かつて他者によって書かれた言葉があふれている。本は記憶を伝えるための時間輸送装置だ。あなたは何を見て、何を感じ、何を考え、何を伝えるために、この本を書いたのだろう。あなたが生きた時代や世界にはどんな景色が広がっていたのだろう。書物が復刊されるということは、過去と現在とのあいだに改めて関係性を結ぶことにほかならない。「いま、ここ」と、あなたがいる時間や空間に回路がつくられる。すると、この生きづらい時代を照らすような言葉が生まれる。

 しかし、書物のバトンは、伝えなければ、伝わらない。ひとつの世代、ひとつの集団で、独占してはいけないのが「知」だ。思わぬ出会い、思わぬ混淆、思わぬ変容、思わぬ意味の発生、それらをためらわなくてもよいのではないか。あまりにも、嘘と虚像で世界が塗り込められて、自分たちに刻まれた傷や痛みにすら気がつけない。ものわかりのよい言葉、共感するための言葉がゆきかい、怒りや悲しみをとじこめることが求められる。そのうちに、自分自身の言葉は枯れ果てて、スローガンのように自動化した言葉を用いてしまう。戦時下の戦意高揚、ヘイト・クライム、ヘイト・スピーチなど、言葉の硬直がもたらしたのは、こわばった全体主義と差別と殺害だ。

 誰の言葉が伝えられて、誰の言葉が伝えられないできたのか。尊厳を奪われてきた人びとが語るための言葉はすくない。しかし、たしかに、伝えようとした人びとがいて、書物をとおして、言葉は届く。百年前の言葉、千年前の言葉が、今を生きる私たちの困難をあらわしていて、驚くことがある。あなたも困難な時代を生きたのかという発見がある。読み解かれるまでの長い時間を本は待っている。その手触り、その存在が、私の現在の困難とむきあうための手立てをくれる。

 書物復権。この言葉は本を未来に伝える営みを指すのではないか。書物は音を立てて消え去るのではない。ひっそりと書店から姿を消し、出版社の倉庫からも姿を消してゆく。私は、すぐに何でも擬人化してしまうので、書物が去る姿を思い浮かべる。消えたいと思って消える書物もあるかもしれない。でも、ほとんどの書物はそう望んでいないのではないか。だから、もう一度、戻ってきてくれたことを喜びたい。出版や書店のあり方は大きく変わっている。どう本を届けるのか。たやさぬバトンの届く先に私たちの生をつなぐ可能性はある。

⦿ご案内

 毎年恒例の〈書物復権〉共同復刊、2023 年は第27 回を数えます。復刊の候補にあがったのは140 点142 冊と、充実したリストをそろえることができました。参加各社がそれぞ
れの出版の歴史のなかで、この後も読者に届けたいと考えている各分野の基本書です。
ぜひ、ご覧のうえリクエストいただき、1 点でも多くの復刊の実現にご協力ください。応募期間は2023 年2 月28 日まで、ぜひ皆さまから多数のリクエストをいただけますようお願いします。
 また今回も、通常では復刊が難しい少数の要望にも応えるべく、個別の注文に対応する
オン・デマンド版での復刊も実施いたします。

※2023年の募集は2月28日をもちまして終了いたしました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

●書籍の内容についてのお問い合わせは各出版社まで
▶昨年[書物復権2022]にて復刊された書籍リストはこちら

 

書物復権 参加出版社

■ 岩波書店
〒101-8002
千代田区一ツ橋2-5-5
TEL 03-5210-4113
■ 紀伊國屋書店
〒153-8504
目黒区下目黒3-7-10
TEL 03-6910-0519
■ 勁草書房
〒112-0005
文京区水道2-1-1
TEL 03-3814-6861
■ 青土社
〒101-0064
千代田区神田猿楽町2-1-1
浅田ビル1F
TEL 03-3294-7829
■ 創元社
〒101-0051
千代田区神田神保町1-2
田辺ビル
TEL 03-6811-0662
■ 東京大学出版会
〒153-0041
目黒区駒場4-5-29
TEL 03-6407-1069
■ 白水社
〒101-0052
千代田区神田小川町3-24
TEL 03-3291-7811
■ 法政大学出版局
〒102-0073
千代田区九段北3-2-3
TEL 03-5214-5540
■ みすず書房
〒113-0033
文京区本郷2-20-7
TEL 03-3814-0131
■ 吉川弘文館
〒113-0033
文京区本郷7-2-8
TEL 03-3813-9151

注目の記事ランキング2024年2月17日〜 2月23日(過去7日間)

【紀伊國屋書店 限定カバー】【通常版※紀伊國屋書店限定ポストカード付き】マガジンハウス『乃木坂46 5期生写真集 あの頃、乃木坂にいた』

【紀伊國屋書店限定特典:トレーディングカード】【ポスター掲出協力店特典】小学館『川村壱馬 1st写真集 Etoile』

2024年「本屋大賞」ノミネート作が発表されました!

【抽選】 有村架純写真集『sou.』(マガジンハウス)発売記念サイン本お渡し会(2024/3/10)

キノベス!2023 紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする2022年のベスト30(第20回:2021年12月〜2022年11月)

第170回芥川賞・直木賞の候補作をご紹介いたします。

2023年「本屋大賞」受賞作が発表されました!【2023年4月12日(水)】

【新宿本店】マガジンハウス『乃木坂46 5期生写真集 あの頃、乃木坂にいた』発売記念パネル展開催!【抽選で10名様に直筆サイン入りパネルプレゼント!】

【ご予約受付中】ヨシタケシンスケ×紀伊國屋書店 本の虫シリーズ【5月中旬発売予定】

ハイヒールモモコさん『ヤン暦』(主婦の友社)発売記念サイン&ツーショット写メ会(2024/2/23)

【フェア開催】キノベス!2024 紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする2023年のベスト30

※当選メール配信済み※【抽選受付】『飯島直子 今のための今まで』 出版記念サイン会(ミニトーク付き)

【紀伊國屋書店限定特典】ヨシモトブックス『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK PLUS』

NGT48 本間日陽2nd写真集 『陽射し色』 ★重版記念★ お渡し会ふたたび開催‼ 2024年3月30日(土) 12:00~

紀伊國屋書店 オリジナルグッズ新商品発売中!ブックカバーに新サイズが登場!

三人称 鉄塔(賽助)さん『手持ちのカードで、(なんとか)生きてます。』(河出書房新社)大ヒット記念!お渡し会(2024/2/25)

【紀伊國屋書店限定特典ポストカード】ヨシモトブックス『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK』

8社合同 良書発掘フェア

「紀伊國屋書店バーチャル新宿本店」全館オープン!

『大原優乃 2024.4-2025.3卓上カレンダー』(わくわく製作所)発売記念お渡し会(2024/3/16)